読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aces_high53’s blog

悲しみ苦しみから思い出にはしたくない俺

思い出にはしたくない恋しい人達

自分は、馬鹿なのでしょうか、どうしても、妻雅美の事、子供達の事が、忘れられません、

何をしても、どんな時でも、家族の事を考えてしまい、仕事もせずに、毎日家族の事を考えては辛く悲しい、心が張り裂けてボロボロになって行く自分です、今でも、ひっこりまた、やり直すと言ってくれるのではないかと思ってしまいます、現実は違い、妻の浮気と自分といた時からの、裏切り行為の事が、ハッキングのおかげで雅美が一緒にいる時に、出合い系、オトコ遊び嘘、隠し事、本当はパソコンや携帯に凄く詳しくて色々な俺には言えない事ばかりしていたみたいです、その事を何で俺に分かるようにする、考え方が、思うことが自分に対して、そんなに、苦しめたいのか?辛い思いをさせたいのか、お俺が何時まで経っても別れないから、嫌いにさせるために、雅美のしていた過去を俺に教えたいのか、パソコン、アイホン乗っ取られ、自分のアドレスを使い色々なサイトに登録して、パソコンまでも改造してあり、詐欺師集団の仲間とメールをしていたり、いったい、何をしているのか、考えているのか俺には理解できない、俺に行われている何人かのハッキング仲間との行為をほかの人達にも、やっているのだろうか、クレジットカード詐欺、アカウントの乗っ取り、アドレスの乗っ取り、惑わす嫌がらせ、アドレスの改ざん、その他色々沢山の事がある、前々から、思ってしまう事がある、雅美は自分といた時に、していた事が、俺に少しずつ、感ずかれて来て、このままでは、やってだった、雅美はこのメールの通りに3月になったら、別れ話をいた事、男がいる事、しかも何人も、パソコンを改造したこと、出合い系の運営様々な事が、俺に知られてしまう、一番は今井と言う、男の所に行きたいか、森の所に行きたかったか、どちらかだと、思っています、メールも読んだし見たし、三月四月まで、待っていて欲しいとのメールの通り、三月までは、俺とやり直すと言っていたのに、急に別れたいと言い出して、夏に送られてきたメールの通りに雅美は行動したんだよね、俺は、夏から知っていたんだよ、三月四月には、俺は捨てられるとね、それでも、雅美がやり直したいと、十一月に言ってくれたから、その言葉を信じ、やり直そうと頑張った、3月までに、もっと、俺の事がと家族子供の為を考えてもらい、円満になる様に頑張ってきてね、でも、雅美は三又掛けていた事も、分かってきたよ、まだ、また、沢山色んなこと、教えられて嫌がらせされて、何人もの人間とグルになり、俺に迷惑をかけ、俺の名前を使い、全て俺のせいになる様に、前前から、仕組んであったことも分かりました、ハッカーを捕まえる事は、難しい事とも、分かりました、雅美のホームページが出てきたり、おそこに、俺の名前が書いてあったり、何しろ、俺を追い込んで、攻めまくって、苦労をさせ、金を使わせ、何しろ、苦しめたいのと、辛く悲しい思いをさせたい事は、やられている事で良くわかりますが、俺がまだ、辛く寂しい信じられないと考え思ってしまうのは、今も未だお前雅美のことが、忘れられない、子供たちの事が忘れられない、まだ、雅美の事を愛して愛しい人だから、忘れられない今でも、本音は雅美の事を誰よりも大切に思い、雅美を守れるのは俺しかいないと思っています、俺は何年も前から最後の女とおもい、雅美の浮気性を許してきた、何回も携帯のアドレス帳の事で、けんかになったか、分からないよね、その度に、まさみ邪魔てしつこいも謝りやり直してきたね、でも、雅要らない存在何だろうけど、俺は未だに、雅美はめーるのやりくちを、段々と巧妙化して行き、俺に分からないようにしてきたね、俺はチャットやメールで、出会い系やっていた事くらいは、気付いていたんだよ、今だから言うけど、沢山の着信と家の電話の着信と、でも、そんな雅美でも、愛しているから、許してきまし、許せた、今の雅美にとっては、俺は邪魔で分かれて欲しくて、いらない存在になってしまったんだよね、でも、まだ、俺にとっては、雅美を求め、雅美が必要で、愛している気持ちは変わること無く、何をされても、この雅美を思う気持ちは、変われないし、変えることも出来ない、どうしても、なにしても、何をやっても変えることが、できなく、側にいて欲しい、色々な事があるけど、そんな事よりも、雅美への愛の方が強く、俺の心から、離れることは無い、雅美、考え直してくれないか、もう1度、俺たちの、楽しかった、思い出を取り戻したい、俺に、前みたいに、真面目の方にひっぱって、くれたように、俺にやる気と勇気、大切な宝物として、帰ってきてくれないか、俺には、雅美しか、見えないし、大切なのは、雅美しか、いない事がこの何年間で、つくづく思うことなんだよ、雅美、何をしていてもいい、俺に大切な雅美と子供達との、生活を宝物をもう1度、返してくれないか、お願いだよ、頼むから、考え直してほしい、これが、本当の、俺の気持ちと、想いなんだよ、帰ってきて来てくれ雅美、俺のそばに居てくれ、俺の支えになってくれ、お願いだ、雅美

愛しているんだ、何があっても、どんな事があっても、許ししか出来ないんだ、雅美が大切で愛しているから、お願いします雅美へ

愛する雅美、愛する子供達、帰って来ておくれ、俺の所にお願いします